ディアトリベー-TOPディアトリベーTOP ディアトリベーBB-TOPディアトリベーBB-TOP ピロコームの詳細説明ピロコーム(R)の詳細説明 お客様の声お客様の声

グレート・ピレニーズ
羊の中のグレート・ピレニーズ
 古来より、フランス・スペインの間にあるピレネー山脈一帯で護羊犬として飼われていた白い大きな犬は、グレート・ピレニーズ(ピレニアン・マウンテンドッグ)と呼ばれる。

 釘を植え込んだ首輪を付けて、羊を襲う狼や熊それと羊泥棒から群れを護り、夜間は自身で判断して敵とは激しく戦った。
長い釘を植え込んだ鉄の首輪は、狼・熊と戦う時にネックを守り有利に戦うための武具。


 護羊犬は、羊の群れも家族の一員として守るように育てる。
また羊の群れにとって、グレート・ピレニーズは群れの一員となる。
そのために、子犬の時から羊と一緒に寝起きして育てる。
知らない人間は敵として教え込むために、大きくなるまで家族以外の人間とは会わせない。
そして白い被毛は羊の群れにまぎれて敵に近づき、先制攻撃を行う保護色でもあった。

今は、思いやりのある一貫教育を行うことによって家庭で親しみやすく従順な犬となる。

グレート・ピレニーズの写真  グレート・ピレニーズがカナダに渡り、黒のレトリーバー種と交配されニュー・ファンドランドが生まれた。

 家庭犬、観賞犬としての人気が高まるとともに扱い易さや容姿が重視され、純白の被毛色が好まれる時期が続いたため小型化し、この犬本来の資質が失われたと指摘された。

 ピレネー山脈には、
グレート・ピレニーズ(ピレニアン・マウンテンドッグ)の他に
マスティン・デ・ロス・ピリネオス(ピレニアン・マスティフ)白と黒っぽいパーティ・カラーや
マスティン・エスパニョール(スパニッシュ・マスティフ)色はグレー、茶、黒色
体重100Kgクラスの大型犬が居て、近年は護羊犬としての気質を残す茶やグレーの斑のある、より巨大な犬に回帰する傾向が見られる。
グレート・ピレニーズは耳の形と毛の色を除いて、熊に近付く事が理想とされる犬で、「ピレネーの生きた雪のかたまり」と形容される犬である。

 という犬種なんだそうです。

グレート・ピレニーズの写真  家庭では親しみやすく穏やかで家族には従順な犬として飼うことができます。
そのために、正しく思いやりの有る一貫したしつけが必要で、体力も気力もあるこの犬を飼うには熟練した技術を持つ強いリーダーが必要です。
飼育の初心者には無理でしょう。
頑健で戸外で過ごしたり運動が好き。



被毛が厚く寒冷の山岳気候に適応してきた体質は、温暖で湿度の高い日本での飼育に向くとは言い難い。

 いっしょにあそぼー。

 微笑みのピレで~す。
グレート・ピレニーズの写真
グレート・ピレニーズの写真  グレート・ピレニーズは父親のよう。

 大きくてのっそり、
 一緒にいると安心できます。
グレート・ピレニーズの写真
たいへん密生した丈夫でかなり長い被毛。
ピロコーム(R)E3が必要です。
換毛期の下毛を生え際から入念に取るにはピロコーム(R)E3が最適です。
ピン先を皮膚に押し付けても傷付ける事がなく優しい感触なので、嫌がることもありません。
ピンブラシでは密集した被毛の奥に抜け毛が残り勝ちなので皮膚病の要因にならないよう気をつけて下さい。
ピロコーム(R)E3ならばピン先を皮膚に当てて抜け毛を生え際から根こそぎ取り除くので、被毛の奥に抜け毛が残ることはありませんし、被毛の奥に隠れた絡み~フェルトマットを残すこともありません。
ピロコームに換えて最初は絡みがあるので少しづつ梳きます。

グレート・ピレニーズにピロコームを使った人の声


[戻る]


ピロコームは登録商標です。    Copyright(c)2006-2015, ディアトリベー合同会社.All Rights Reserved
ディアトリベー-TOPディアトリベーTOP ディアトリベーBB-TOPディアトリベーBB-TOP ピロコームの説明ピロコーム(R)の説明 お客様の声お客様の声